HOME プロフィール 教室 テクニック
テクニック2
チャタリックの近況 海外情報 ENGLISH DVD
海外情報

腹話術の国際大会・ベントヘイブン大会   


 腹話術が最も盛んなのは米国です

米国で開催される国際大会には 世界から腹話術の愛好家が集まります。

35年続いているこの大会は世界最大の規模で ベントは腹話術、ヘイブンは安息所という意味です。.



毎年 7月15日前後の四日間 場所は米国ケンタッキー州、シンシナティ国際空港近くのホテルが会場です。

この地に 腹話術人形の収集家が博物館を設立したのをきっかけに大会が始まりました。

腹話術の発展を目指して充実した講習があり 初心者が腕試しをする舞台体験のコーナーもあります

もちろん一流のプロ腹話術師のショーがあり 人形のお店を見て回るのも楽しみのひとつ        


4日間 腹話術三昧のこの大会は 
世界で最も古くて規模も大きく 2016年の大会は700名の参加がありました。 
      
 
   
           
       

   
 師匠です・・・ダンホーン  my mentor DAN HORN


 初めて世界大会に参加した時 彼のショウを見てびっくり仰天しました。 

 英語での会話は殆どわかりませんでしたが とにかく大笑いをしてしまいました。


 まず おじいさんの人形が登場したのにびっくり
 

 91歳のおじいさんオーソンがスーツケースの中から 「眠いのに起こさないでくれ」 

 と身体をくねらせながら出てきます。

 「まだ外は暗いじゃないか」 「眼を閉じてるからだよ、あけてごらん」 

 オーソンは眼を開けて 会場の人々を見渡し 生き生きとした表情に変わります。

 そして息子のようなダンと愉快なやりとりが始まるのですが 

 オーソンは会場の若い女性に手を振って気を引いたり 

 愛の歌を歌って興奮しすぎて 心臓発作をおこしたり・・

 ふたりの会話が弾んでいくうちに 

 オーソンが人形であることを忘れ その人格がはっきりと感じられてくるのでした。 



 今まで体験したことのない世界にひきこまれ 腹話術ってこんなに面白いものかと

 感動しました。


                  
 彼は5歳から腹話術を始め、20代ではテレビのシリーズ番組を持ち

 アリゾナ州で最も知られた腹話術師となりました。


 腹話術は
三次元のアニメーション と定義し独自に考え出した方法で 

 人形を生きているように見せます

 国際大会では 人形操作の第一人者として高く評価されています。

 チャタリックは ダンホーン氏の腹話術に魅了され 

 自分が目指すのはこの芸と決めてから ずっと追い続けて来ました。

 夢が叶う
  ダンホーンさんを日本へ
 国際大会に参加して10年目 2006年 ついに夢が叶う出来事が起こりました。

 廊下でダンさんの方から声をかけてくださったのです。

 毎年、下手な英語で性懲りもなくステージに立ち 自分の周りをいつもウロウロしている日本人を覚えていてくれたのです。


 「今度クルーズの仕事で初めて日本に行くんだよ」と話しかけられた時、 このチャンスを逃してはならぬ!

 と思いました。 そして無謀にも、「その時に大阪に寄って講習会をしてください!」 と頼んでしまったのです。

 ダンさんは驚いたまま 「船の寄港地は室蘭と横浜と長崎。 大阪ってどこ?」

 すぐさま 持っていた手帳の紙を破り日本地図を書いて大阪を示し ダンさんに渡しました。

 「考えてから メールで連絡する」 という言葉にメールアドレスを伝えて帰国しましたが、あとになって

 冷や汗が出てきました。世界的に有名な腹話術師を招いて、私にギャラが払えるはずがない、

 それに日本ではまだ知名度がなく、何人の参加者を集められるかわからない。

 悩んだ末 覚悟をして正直にメールで伝えました。 「私はリッチではないので滞在費は持てるけど

 ギャラをお払いする余裕がありません」 


 ダンさんの答えを聞いた時は有り難くて胸がいっぱいになりました。

 「僕の講習会に来るのは腹話術の仲間だからギャラは要求しないよ。

 日本に行ってお寿司を食べるのが僕の夢だから日本に行くのはとてもワクワクする。

 あなたの美しい国を見るため 長崎で船を降りて大阪まで飛行機で行くよ」 


 長崎で別のエンターテイナーと交代して、仕事の荷物を全部持って船を降り、国内線の飛行機で

 大阪に来てくれることになりました。 (帰国は大阪から空路で直接自宅に)

 交代する場合は、別の芸人が米国から飛行機で飛んできて船に乗り込むのだそうです。


 大阪空港に 息子が運転する車で迎えに行きました。

 通訳を兼ねた娘も同行しましたが, ダンさんの荷物の多さにびっくり!

 「誰か一人降りないと荷物が積めない・・・どうする?」 家族三人でヒソヒソ話

 ダンさんも加わって荷物の積み方を工夫し、なんとかギュウギュウ詰めで60分の道中をしのぎ、

 ホテルに案内することができました。


 第1回目の講習会は40人が参加

 クルーズの劇場で使用しているすべてのパペットを見せて下さいました。

 初めて見るダンさんの腹話術に みんな「生きてるように見える!」と驚きでいっぱい

 米国なら、拍手と歓声で大いに盛り上がるところが ため息をついて感心してばかりでした。

 その人たちのクチコミもあってか 2回目の講習会では参加者が 80人となりました。

 この時はハリウッドの映画製作会社からカメラマンが同行してダンさんの密着取材をしていました。

    ダムストラックというタイトルの映画で 現在はDVD化されて販売されています


 ダンさんは講習会の2回まで、自費で来て下さいました。

 回を重ねるたびに参加者が増え 今では何とか,わずかでもギャラをお払い出来るようになりました。
 

 日本の腹話術仲間に自分のスキルをシェアしたい。 教えるという言葉は好きじゃない、シェアするんだよ

 と言うダンさんです。

 講習中に 日本人の反応がアメリカ人と比べておとなしいので

 「僕がみんなの期待に応えていないのではないか」 とか 「みんな退屈しているんじゃないか」

 などと 私のそばに来てささやかれることがありました。 

 今では文化の違いを理解して下さり、「僕が歓迎されているのが感じられる」 と喜んでおられます。


 これまでダンさんから学んだことを 日本で広く伝えていきたいと強く思っています。

   世界最大級のクルーズ船 プリンセスサファイア号

       11万6千トン 全長290m 2700人を乗せて航行します。

               (タイタニック号は4万6千トン

 ダンさんはこの中の劇場で公演 700席を持つ豪華な劇場です。


 日本ではこのような大型船が停泊できる港が限られています。

 



 人気の腹話術師、テリーフェイター


 

 米国で人気のタレントショーで優勝した腹話術師です。

100万ドル(約1億円)の賞金を懸けて、1年間続くコンテストに勝ち残りました。

それまでは目だたないローカルの芸人でしたが、1年間、想像を絶するような努力で

トップにのぼりつめました。どちらかとえばマイナーな腹話術の芸を全米のテレビ視聴者が

注目するほどに押し上げ、優勝後はラスベガスの大通りに看板を掲げるエンターテイナーに

なりました。「100万ドルの声」として競争の激しいラスベガスの大劇場で公演を続けました・

5年間の契約が100億円という事でした。

チャタリックは ラスベガスに公演を観に行きましたが、フルバンドでパペットが歌い、映像や照明が

バックアップして素晴らしいエンターテイメントでした。

しかし劇場では 週に五日の公演で そのつど2千人の観客を楽しませるショーです。

舞台で演じるのはテリーひとり。その陰に何人のスタッフの生活に責任がかかっているでしょうか

命を削るような仕事だと私は感じました。 1年間で100億円の契約としても・・・ 


  コンテストで勝ち残るために1日8時間練習をしたというすごい人です!

タレントショーに初めて登場した時 審査員が「君は何の芸をやるの?」と尋ねました。

「腹話術」と言うと、「腹話術なんか勘弁してよ」 と云いたげな審査員のリアクション。

テリーはこれにショックを受け一瞬 「やっぱり腹話術ではダメかも」 と思ったそうです。

しかし いったんパフォーマンスが始まると審査員に驚きの表情が!

First Audition (画面左端、女の子のパペット) にその時の映像が記録されています。

歌手の歌真似も素晴らしいものです。 
テリーフェイター 





 お友達です!  ニックパウロ NICK PAULOW



こんな怖いキャラ見たことがない



子供が見ればギャッと叫びそうな怖いキャラクターばかり。
子どもの頃から怪物やお化けが大好きで、粘土で作っているうちに
お喋りをさせたくなったのだそう。
プロの腹話術師になって 誰も使っていないキャラクターでやろうと決め
ご自分でデザインをなさっています。
腰ミノをつけただけの原始人(写真)が、こん棒を振り回して
ラップミュージックで踊るのは圧巻です! 
そのほか、目の玉が飛び出すゾンビは、ハッピーゾンビという名前で
愉快なキャラクターです。
 「僕はパニック障害に悩まされたことがあるんだ.
  それをネタににして パペットに演じさせるとすごく面白くなるんだよ」        こんなふうに 誰もやらないネタで意表をつくショーはいつも楽しみです。
「君の芸風はユニークだから好きだよ」 と、チャタリックを食事に誘って下さった時は
とても感激しました。 
ステージを降りると物静かな素敵な紳士で、 「日本の食事は健康的で素晴らしい」
と、ワカメなどの海藻をよく召し上がることを知りました。


                                幅広い芸のパフォーマー・バディビッグマウンテン

Buddy Big Mountain


バディビッグマウンテンはアメリカインディアンのパフォーマーです

伝統的なダンスや、マリオネットや腹話術を組み合わせたショーで
公演活動をしています。


奥様が日系の方なので親しみやすくて交流が深まり

チャタリックは ラスベガス郊外のお宅に招かれ 泊めてもらったことがあります

バディさんは自宅でどんな練習をしているのか、どんな場所でどんな風に練習をして

人形はどのように保管されているのか、とても興味がありました


お稽古場は、二つあるガレージのひとつで そこはショーに使う道具でいっぱいでした

マリオネットの人形は数体が天井から吊り下げられ 室内には大きな鏡とビデオカメラ

が常設。 プロとしても練習を欠かさない様子が感じられました


東京で開催されるイベントで日本語の歌を歌いたいのだけど、教えてくれないかと

メールをもらい 当時流行っていた 「大きな古時計」 の歌を勧めました。

平井堅さんのCDと一緒に 日本語の歌詞をローマ字で書いて 

私がゆっくり歌って録音したテープを郵送しました。


外国語の歌詞と発音を覚えるのはとても大変で根気がいります。

それを ちゃんと覚えて日本で歌ってくれたのです。

なんという努力家!なんという親日家! 

日本人のためのサービス精神に感激しました。




   こどもへの優しいアプローチ ・ ウエンディモーガン Wendy Morgan
  
   ウエンディモーガンは イギリスのロンドンに住んでいます

  
教師の資格を持ち 子どもたちに腹話術を生かした温かいアプローチをします。

  また定期的にこども病院を慰問しています。

  腹話術師としても 動物のパペットを操るテクニックは 特に高く評価をされています
 
  

  チャタリックは 1998年のラスベガス大会で知り合いました。                 

  日本腹話術師協会主催の 腹話術フェスティバルに 数回招待され

  多くの日本人を魅了しています 


   2011年 大阪でチャタリックとワークショップを開催  

   両親はお医者様、幼少時からピアノとバイオリンを習ったというお嬢様育ちが

   気品に現れています

   サイエンスが得意でフランス語も話せ 

   演劇を学んで腹話術に生かし その才能は国際大会でも認められています 
                                                       
                          


大阪城を案内しました。


         
       

 こどもたちを爆笑させる腹話術パフォーマー・ マークウエイド MarkWad  


米国オハヨー州在住

小学校の教師からプロの腹話術師となり、

子どもたちの心理をとらえた、エネルギッシュなショーを見せてくれます。

腹話儒の指導書も出版し、キッズショーの王様として、世界の腹話術師に影響

を与えています。

国際大会の総合ディレクターとしてプログラムをアレンジし、いつもパワフルな

開会宣言で会場を盛り上げます。

国際大会に参加した人のほとんどが廊下や会場内で「楽しんでる?」と声をかけ

られ 親しみやすい人柄に心が軽くなったと思います。


腹話術の芸を広く伝えていきたいと 2015年大阪のチャタリックのワークショップ

に来てくれました。

事前の打ち合わせのやり取りは本当に驚かされました。

1か月間、毎日のようにインターネットでやり取りを交わし、

言葉の壁や文化の違いにお互いが悩みながら、より正確に伝えられるような 

当日配布の資料を作りました。

論理的な説明をしてくれるまさに教師の目を持った素晴らしいエンターテイナー

だと感じました。

当日は どうやって子どもをたのしませるか

サービス精神にあふれた楽しいワークショップをしてくれました。

堺市にある仁徳天皇陵古墳を案内しました
                 


海外のパペットメイカー ティムセルバーグ 米国



からくり人形の制作で

世界的に有名な

ティムセルバーグ氏の作品です。


複雑な仕掛けで、いろいろな

ところが動きます。






毎年開発されて

動くところが増えます


眼、口、まゆ、鼻、耳

唇上下、 髪の毛

目から涙が噴き出す

ホッペが赤くなる


どんどんリアルになり

大人のためのアートとしての

腹話術になっています
            
    

海外のパペットメイカー マットパペッツ 米国


柔らかい素材で制作され、一つ一つが手作りで、顔にも凹凸があります

海外で成功しているプロの腹話術師に人気のあるパペットメーカーです。 

ダンホーン、ジェフダノム、テリーフェイターのパペットを制作しています、

チャタリックの教室ではこのメーカ―のパペットを使っています