HOME プロフィール 教室 テクニック
テクニック2
海外情報
チャタリックの近況
ENGLISH  
DVD
 
  ステージネーム   




 チャタリック とは 
英語のchatter(軽いおしゃべりをする)から創作した和製英語でステージネームに使っています。   たにもとたずこ

関西を中心に腹話術の講習と、公演活動
     

北米腹話術師協会々員・メイハーメソッド認定資格
チャタリックの活動歴

1986年 ★講習会に参加し腹話術の世界に足を踏み入れる


●1993年 ★同好会を結成し チャタリックと命名して活動


●1996年 ★米国の腹話術国際大会に単独で初参加  


●1997年 ★大阪道頓堀・浪花座で 舞台体験 

      ★腹話術の指導書メイハーメソッドに取り組む


●1998年 ★テレビ番組・素人名人会で敢闘賞受賞 


●1999年 ★ 国際大会4回目の参加(会場ラスベガス)

                
●2000年 ★腹話術教室開設(堺市パンジョライフカレッジ)  

      ★国際大会5回目の参加(会場ラスベガス)

                
●2001年 ★国際大会6回目の参加 (会場ケンタッキー)


●2002年 ★国際大会7回目の参加

                
●2003年 ★国際大会に8回目の参加

                
●2004年 ★東京腹話術フェスティバルにゲスト出演 

      ★国際大会に9回目の参加


●2005年 ★国際大会に10回目の参加ショータイムに出演


●2006年 ★国際大会に11回目の参加

       ★NHKの情報番組で全国に紹介される      

       ★米国の腹話術師ダンホーン氏を招いて講習会
  
       ★DVDチャタリックと愉快な仲間たち@完成


●2007年 ★四条畷学園短期大学・非常勤講師として就任

      ★国際大会に12回目の参加

           


●2008年 ★堺市女性大学で腹話術講座開設

      ★ ダンホーン氏を招き  第二回目の講習会を開催

      ★国際大会に13回目の参加

      ★DVDチャタリックと愉快な仲間たちA完成 


009年: ★米国の人形メーカーから製作者を招いて講習会

        ★ダンホーン氏を招いて 第三回目の講習会を開催
 
       ★ダンホーン氏のDVDを制作販売 

       ★国際大会に14回目の参加

●2010年 ★堺市女性センター「教養講座」で公演とトーク

      ★ダンホーン氏を招いて 第四回目の講習会を開催  


●2011年 ★堺市 セブンカルチャー鳳で腹話術講座開設 
 
      ★ウエンディモーガンさんを招いて講習会を開催

      ★国際大会に15回目の参加

       
 ●2012年 ★ダンホーン氏を招いて第五回目の講習会を開催

       ★ホープカルチャースクールで腹話術講座開設
        

 ●2013年 ★産経学園なんばパークス校で腹話術講座開設

       ★国際大会に16回目の参加


 ●2014年 ★ 2月ワークショップ開催
           
       ★ 6月東京でワークショップ開催

       ★ 和泉市ジュージアカルチャースクールで講座開設


 ● 2015年 ★マークウエイド氏を招いてワークショップ


 ● 2016年 ★阿倍野近鉄文化サロンで腹話術教室開講

       ★腹話術フォーラム開催 50名参加





 

 

公演について

対象年齢やご予算に合わせてショーを構成します
通常は、大型のキャラクター 2〜3体と 声のイリュージョンとしての小道具を いくつか使います。
 
公演時間は30分
高齢者の集まりや、地域の集会やイベントにも伺い
ます
 詳しいことはメールでお問い合わせください 
         

腹話術に魅せられて



忍者サイゾーが米国のCIAに就職希望




ドイツ・オーストラリア・イギリスの
腹話術師たちと共演






ラスベガス大会で一石堂さんと
「英語でやるのは大変ですよね」
 と、廊下でお話しまし





30年前 子育ての真っ最中でしたが
初めて腹話術の講習を受け 夢中になり ました。

ボランティアでやるうちに 口コミで公演が広がり10年が経ちましたが 
マンネリズムを感じるようになり 
自分が何をすればもっと腹話術の幅を広げられるのか 
悩むようになりました。 

そのころ アメリカで国際大会があることを知り 初参加
日本人はただひとり・・・
乏しい英語力で 張り詰めた気持ちで参加しましたが
そこでの体験は 世の中にこんな楽しい世界があるのかと
心が大きく揺さぶられました

アマチュアの人たちが
ステージで演技を披露して プロからアドバイスを受けたり
いろいろな講習が朝から晩まで盛りだくさん

 「人形の声の創り方」
 「音響や照明の使い方」 
 「手品と組み合わせた腹話術」 
 「営業の仕方」 
 「絡んで来る客の扱い方」 
     など あらゆる分野にわたってアドバイスが受けられます。

   
  プロとアマの垣根を作らず
     「アイディアやテクニックを皆でシェアをする」という姿勢に
     驚きさえ感じました

そして、プロの人達のショーを堪能し 
英語が分からなくても おなかがよじれるほど笑い
腹話術は 大人も楽しめるエンターテイメントであり
奥の深い芸術でもあることを知りました 

     私もこの芸を学び 大人から子供まで
     不思議なイリュージョンの世界に引き込んで 
     大笑いさせたいと心から思いました
  世界大会の中にはいろいろなプログラムがあります
アマチュアでも舞台で演技できるオープンマイク、
        これには、子供たちも参加でき
先輩たちからの応援を受けて
がんばっている姿を見ることができます。 

芸のレベルアップを目指す人たちは 
プロの腹話術師から批評をしてもらえる特別なオープンマイクもあり 
チャタリックはこれまで通算15回 これらの挑戦をしました

これまでのパフォーマンスを全て
 DVD【チャタリックと愉快な仲間たち Vol.2 】
の中で紹介しています



 国際大会での挑戦
    








しょうちゃんの 子守唄










いつも英語の通訳をしてくれる長女が

ダンスでも協力してくれました


国際大会で

人形が全身でダンスをする腹話術は

これまでで初めてだったそうで

オリジナリティが高く評価されました










国際大会に参加するからには、少しでも学びたいとの想いがあります


 オープンマイクというプログラムに申し込むと 先着10名〜20名が舞台に出られ

先輩たちからのアドバイスが受けられます。

これまで15回 そのチャンスを掴みました。

国際大会では英語でやらねばならず、

なかなか笑いをとることができなくて苦しんでいましたが 

1996年の初参加から10年目の時

2005年の大会で、ショーに出演して欲しいとの
依頼を受け


  
会場の人をいかに楽しませるか 
という責任が課せられました。 


  国際大会で最も重要視されるのは


 
 笑いのあるエンターテイメント性 

  
ほかの人が誰もやらないような オリジナル性  


    
    
 ショーは 
イギリスのウエンディモーガン、

 カナダバルヒリカーと共に 女性ばかり三人で

 1時間のステージを構成しました。


 私のパートは約20分間で 二つのキャラクターを登場させました。

 ユーモラスな会話のあと

 子守唄で眠りにつく日本の坊や
しょうちゃん

92歳の女性 サキコさん


       サキコは、夫の良平との痴話げんかを題材にジョークをからめ 
       
      クライマックスはダンスで締めました


      マイケルジャクソンの曲
 ビートイット で踊り始めると

      会場からはピーピーと口笛やら はやし立てる声やら

      そして最後は
スタンディングオベイション!


       生まれて初めての体験でした