腹話術のテクニックその@    techniques
HOME  プロフィール
教室 テクニック2 海外情報 チャタリックの近況 ENGLISH DVD

メイハーメソッドによる腹話術をしています  

  腹話術の用途について 
 



腹話術は 人形を持っておしゃべりをする 
笑いのエンターテイメント 

としてよく知られていますが

そのほかにもいろいろな用途に使われています。



キリスト教の布教活動 として、子供たちに聖書のお話をわかりやすく伝えるために

 教会で腹話術が用いられることがあり

教会の催しでショーをする腹話術師もいます。


教育 として交通ルールや、社会の決まりや 道徳などを人形を通してユーモラスに伝えたり

子どもとのスムーズなコミュニケーションの手段として使われます



医療行為 としてカウンセリングや、発達障害の治療などにも取り入れられています。

自閉症や吃音障害の治療にも成果が得られるそうですし

小児歯科や小児外科のお医者さんが子どもの患者にパペットを使って声をかけ

 恐怖を和らげて治療を容易にするという例もあります。


病気で入院中の子どもを励ましたり 施設にいる高齢者を癒したり

パペットセラピー という腹話術の手法も進んできています。


これらに使われているのは腹話術ならではの 独特のテクニックです。


チャタリックは 

世界の腹話術師が学んでいるという 
メイハーメソッド というテキストから腹話術を学びました。 

 素晴らしいガイドラインとコーチを得ること が上達の近道
  腹話術の起源


腹話術はもともと、声だけを使ってトリックをつくり

錯角で人をだます技でした。


 紀元前のギリシャ、エジプト、中国で死者の魂を呼び寄せて

その声を聞かせたり、 予言や占いをしたり等 

権力者のもとで儀式に腹話術が用いられていたとの記録があります。


    腹話術師が
ディスタントボイス という声の出し方で、トリック

を使って周囲をだましていたのです。


 自分の声を使って、それが遠くから聞こえてくるような

錯覚をつくリあげるのです。

 喉を絞るようにして声帯に圧力をかけ、

腹筋を使って口を動かさないように声を出し、

視線を遠くに飛ばして
 

   
さも遠くから声が聞こえてくるようなふりをする

のがこのテクニックです。

    奇術と同じで、ネタばらしは絶対にしないように

一部の人たちで守られ続け、人々は騙されました。


    キリスト教が普及すると、予言や占いなど

神を超越するような行為は禁止され

腹話術師は死刑にされることもあったそうです。

腹話術の暗黒時代 と言われています


その後はサーカスや見世物小屋で

    
不気味な芸として細々と伝えられていきました。

 
 人形を持って面白いおしゃべりをするようになったのは

  近代になってからです。



    腹話術は、大昔にディスタントボイスという声の出し方で始まり

    欧米では 腹話術師は「声を遠くに飛ばすことができる」

 と思い込んでいる人々がいます。  


   海外では腹話術師は特殊な芸を見せるパフォーマーとして

見られています。 

    これが腹話に
 
「術」 という字がついている所以です。


    私たちが現在目にする腹話術の殆どは
ニアーボイス

という声の出し方人形などのフィギュアに

お喋りをさせています。


   



 メイハーメソッド

腹話術をマスターしたい人のために 米国で習得法が生まれ、

世界中の腹話術を目指す人たちのテキストになりました。

国際大会ではこのメソッドに基づいた腹話術がなされています。

 腹話術は錯覚を作り出す芸で

 そのためのいろいろな技法が 具体的に書かれています。


目の前に二つ以上の人格を創りだすのが腹話術で、

 人形が腹話術師に動かされているように見えてはいけない、

命を持っキャラクターが
 
自分で動いているように見える

ことを要求しています。

     
      

国際大会で 有名な腹話術師が話していました。

ショーの最中に 観客の一人が人形のセリフに対して

 
 「失礼なことを言うな!」  と怒りだし

腹話術師が謝ると 

「お前に言ってるんじゃない、こいつが失礼な事を言ったんだ!」

 と人形を指差し

 人形にゴメンナサイと言わせてやっとおさまったと.



チャタリックにも似たような経験があります。

 ハゲタカを遣う腹話術で

 クチバシと眼光の鋭いハゲタカが客席を見渡して

今日はうまそうなエサがいっぱいいるぞ

 ほとんど死にかけ・・・もいる

と言った時、本当に怖くて ハゲタカに目を合わせないように

うつむいていました。
 あとで錯角に気づいて笑いましたが

それほどリアルなハゲタカでした。

 

 人形を持って演じる腹話術は
 エドガー・バーゲンという米国の芸人が
1940〜50年代にかけて爆発的なブームを起こし
ました。
 
チャーリーという名のキャラクタ-は
ただのの人形ではなく
本当に生きているような存在として
全米に知られる人気者になりました。

 チャーリー

ある時はバーゲンに甘える可愛い坊や
ある時はバーゲンを励ましたり正したりする先生
ある時はバーゲンと彼女を結ぶキューピット

そのキャラクターの魅力で
大人も子供もひきつけ 全米の人気者になりました。

キャラクターを創ったのはバーゲンですが
チャーリーは作者を忘れさせるほど
独立した存在にみえるようになりました

バーゲンは 現在でも腹話術の神様のように尊敬され
彼に憧れて腹話術師になったひとたちが
次々と活躍しています.

バーゲンの最も優れた点はユーモアのセンス
会話のテンポの良さ、キャラクター創りです。
チャーリーは秀逸のキャラクターです

チャーリー宛てのファンレターや贈り物が山のように
届きバーゲンが嫉妬したとさえ言われています。

精神科の医者たちが、
 「バーゲンは内側にもうひとつの人格を持つ
二重人格者だ」 と言い出す程で、

バーゲンはそうでない事を証明するために別の
キャラクターを、もう二つ創りました。
田舎のおじさん風と、小太りの中年のおばさんです。

想像力がキャラクターを創るのです
小説家が主人公をつくり、物語を進めていくのと同じです。

バーゲンは、口が動き、腹話術師として
リップコントロールの悪さは皆が認めるところですが
それが問題にならないくらい彼の芸は素晴らしく、

 今でも偉大な腹話術師として信奉されています


映画のDVDやユーチューブでもご覧いただけます

チャーリーが探検家になって冒険をするような映画
が数本制作され、世界に配信されると
いろんな国で腹話術を始める人が生まれ
日本でも、腹話術師が誕生しました。


アメリカの腹話術は
エドガーバーゲンの影響を受けて広がっていった為
口が動かないことを最大に重要視する日本とは異なり
魅力的なキャラクターを創作することに重点が
置かれています。


細やかな職人芸を好む日本人に比べ
とにかく面白いのを見せてくれ
笑わせてくれと
アメリカ人の要求はまた違ったところにあります


テクニックが未熟なのは論外ですが
創造性やオリジナル性に大きな価値を置いています。

テクニックがすばらしくても
面白くないとダメ,と いう事でしょう

腹話術の錯覚をつくる為に必要なこと

@  違った声を出す・・・・ボイスコントロール

A  あごや口を動かさないで喋る・・・リップコントロール  

B  セリフにあわせて口の開閉をする・・・・シンクロナイズ

C  人形を生きているように動かす・・・・ロボットのように静止させない

D  人形が生きている と信じているような演技を腹話術師がする

E 人形に魅力的なキャラクターを与え 人格を感じさせる


腹話術に使うパペット


ハードパペット ・ ヒューマンタイプ 


  
木、プラスティック、粘土、などで造った硬い材質で 人間の形をしたもの

          ヘッド、目、口 が動き 目を閉じて眠る姿を作れます。 丈夫で長持ちします。


ソフトパペット ・ ヒューマンタイプ $ アニマル 


 布の中にスポンジやウレタンなどの詰め物をした柔らかい素材のもの

           人間の形や動物の形があり 目は動かずヘッドと口が動き。

           全体が柔らかいので 首やボディに滑らかな動きが出ます。
    


腹話術師はどんなものにでもお喋りをさせることができます。

命ある生き物(動物や人間)のほかに 命のない物体にも喋らせるのが 腹話術の面白さです。

履いている靴がしゃべるとしたら、「靴下洗ってくれよなー」 「時々休ませてよ」 かも?

居間の掛け時計が喋るとしたら 「そんなところにへそくり隠すの?」かも

公園のベンチが喋るとしたら・・・ 市役所の前の銅像が喋るとしたら・・・・・

そんな風に想像力を働かせて腹話術を演じることもできます。



  キャラクターを創る

     パペットが ただのぬいぐるみや人形に見えないよう  

    生きている存在に見せなければいけません。
  イリュージョンを創る・・・と表現します

 

パペットが今にも声をかけてきそうな、 

何かおしゃべりして欲しいような そんな気持を見ている人に起こさせるのが大切です。


観客はパペットの方に気持ちを同化させます。 パペットは、小説でいうなら物語の主人公です。

主人公に魅力や共感できるところがないと 

読者をストリーの最後まで引きつけていくことはできません。


腹話術で チャーミングなキャラクターというのは、泣いたり笑ったり、すねたりふくれたり、

怒ったり、がっかりしたり、いろいろな感情を持っていて、失敗もするけど

どこかユーモラスで温かみのあるキャラクターではないでしょうか。