腹話術のテクニックその②

HOME  プロフィール
教室 テクニック 海外情報 チャタリックの近況 ENGLISH DVD

  

  腹話術には笑いの要素が必要で、教育的であれ教訓的であれ、それはユーモラスに表現されるのが良いと思います

             心が軽やかになり 元気がわいてくるようなそんなショーをお見せしたいと思っています

  台本づくり  笑いのある台本

        面白い台本がまず必要となってきますが これは一朝一夕に出来るものではありません

              落語には古典というお手本がありますし 漫才には「漫才作家」という専門の作者がいたりします

             家族や親戚に面白い人がいて 笑いのある環境に育った人は有利ですが
        
             笑うことの少ない環境で育った人に 「面白いこと言ってみて」 と注文しても無理です

         笑いの感性は 育てていかなければ身に付きません。

      自分には面白い事を言うセンスがない、と思う方は

                       ジョークや 川柳の本をたくさん読むと発想が膨らみます 。
                

 具体的な台本のつくり方
① 笑いのネタを考える・・・どんな話題で話をするか  テーマ
② 会話形式で書式にする   
③ 術者とパペットが摩擦を起こすような会話を考える  (ああ言えばこう言うというような) 
④ 面白いセリフはパペットに言わせる  
⑤ パペットのセリフで唇の動く言葉を 言いやすい言葉に置き換える 
⑥ できるだけセリフは短く 顔やボディランゲイジで表現する 
⑦ 会話にはリズムが大切。 言葉のイントネーションや会話のリズムが面白みを出します
 
  笑いは 真面目すぎると笑えないし 一線を超えると毒になるところがあるので難しいです。     
   
           
 チャタリック流・テクニック
いきなりパペットにおしゃべりはさせません

パペットを持ってステージに登場し、動きを意識しないでおしゃべりすると

それは 人形のショー になって、腹話術に必要な錯覚の世界が生まれません

あの人が人形を動かしている・・・・   あの人が人形の声を出している・・・

それが バレバレになっているのは 手品のタネが バレバレなのと同じで白けてしまいます

腹話術は 想像力を使って楽しむ アートです

パペットがおしゃべりをする以前にアッ 生きている!と思わせるような動きを創ることから

始めるのがチャタリック流です



 アクティング・リアクティング   

腹話術で最も難しいテクニックだと言われています。

二人の人物が会話をしているように見せるテクニックで

ひとりがしゃべっているあいだに、もうひとりがそれを聞きながらリアクションをする

それによって 目の前に二つの人格を作る・・・・これが錯覚を生みます。

パペットが腹話術師をからかって面白いことを言う。 それを聞いている腹話術師はうんざりする

そんな状況を想像してください。

パペットの声は明るく弾んでいますが

それを聞いている腹話術師は ちょっと眉をひそめて不機嫌な顔つきをしているでしょう。

これをひとりの人間が同時に表現するのです

落語のように、大家さんのセリフの時は大家さんになり、店子のセリフでは店子になる というような

一人づつ順番に演じるのとは異なります

腹話術師とパペットの動きを 順番にやるのではなく、  同時にやるのが 
アクティング・リアクティング です

そこにふたりいるような錯覚を創ることができます。


例 :  ふたつの人格が存在するように見せるためのテクニック 
   チャタリックが客席に向かって話しかけている時

 サキコさんは客席の中の特定の人を見ます。

 「あの人が気になって仕方がないわ」 というように
 →  チャタリックが客席に向かって話をしている時

 くりちゃんはチャタリックの顔を見ながら聞いています。

 時々うなずいたり、客席の反応を見たりします。



特殊なテクニック 声のイリュージョン

   国際大会で見た

  声のイリュージョン
 ● 離れたところから声が聞こえてくる (ディスタントボイスのテクニック)

 ● 声が口の開閉よりも遅れて聞こえてくる (シンクロナイズのトリック) 

 ● 声がエコーとなって飛んでいく 

 ● 歌を歌いながらリズム音を入れる 

 ● 水を飲みながら声を出す 

 ● 風船をふくらませながら声を出す 

 ● シャボン玉を吹きながら声を出す 

 ● タバコをふかしながら声を出す